ホーム > 鈴木社長の挨拶

鈴木社長の挨拶

ご挨拶
昭和58年より建築リフォームの業界に身を転じ、塗装・防水工事を主とした、リフォーム、メンテナンスの現場管理を担当する職務につきました。

昭和63年、時代の流れに沿った増改築リフォーム、建物構造物に関する調査、診断、設計管理を目的とした部門を分離独立させました。
そして、株式会社 サン・ハウジィングを発足させ、代表となりました。

大手管理会社数社の下請けとなり、ビル・マンションの改修工事を手掛けて参りましたが、先行きが不透明な為、下請けからの脱却をよぎなくされ、平成14年、アキュラシステムを導入するはこびとなりました。

500万円の先行投資は目からうろこが落ちたように、新築注文住宅をどこよりも安く出来るシステムだった様に思えたのですが・・・。
平成15年1月より全国フェアーに参加しました。150万位が参加費用だったと思います・・。

1年と6ヶ月過ぎた頃、200組程度の見込みのお客様ができ、私一人では対応出来なくなり、一人また一人と人員を増やし、契約数も増え、着々と新築部門ファーストホーム事業部も順調に伸びていきました。

しかし・・私はふと・・この建築業界に疑問を感じ始めました。

坪25.8万円、本体価格(ローコスト系)これが引渡し価格45万~60万円になってしまうしくみに、疑念を覚えました。

本体価格のみを坪25.8万円と安く見せて、
屋外付帯諸経費で250万円~500万円を表示しない・・・

そんなやり方に断固反対します!!

業界最低価格に挑戦中!!

代表取締役  鈴木美和

 
メディア紹介

東京大学との共同開発による2大特許
世界最高水準工法での建築を実現
ファーストホームが住宅業界の確信に迫る!

P177に紹介記事が掲載されています。